これからの鍼灸師はどう生きていけばいいのか。

鍼灸師が歩んできた、これまでのプランが通用しなくなった現代で、あなたはどうやって生き残っていくのだろうか。鍼灸師が増える一方で、鍼灸の受療率は下がっている現状を、あなたはどう捉えているだろうか。

これからは所謂『鍼灸師』ではなく、あなた自身に鍼灸師という要素を加えた『個人』が重要になってくる時代になっている。『鍼灸師はこうあるべきだ』ということより『私はこうだ』ということの方がキーポイントになってくる。

 

『技術職』『経験がモノを言う』

確かにそうかもしれない。ただし、自分が患者様だったらどうだろうか?どんな人に、ではなく、誰に鍼灸治療を行なって欲しいと思うだろうか?

『個人』が重要になった今、どうやっても覆せなかった『経験年数』という問題が、なくなりつつある。患者様がいかに『あなた』を選ぶかが重要になっている。

 

鍼灸院の競合はどこだろう

病院?整骨院?他の鍼灸院?そこで考えが止まったらダメだ。『個人』の時代は、どの職業であれ、競合に縛りはない。極論だが、元気になりたいと思った時に、あなたの鍼灸治療を選ぶか、好きな俳優さんの出ているドラマを選ぶかといったことも想定できる。

 

患者様が求めていること

腰痛症を治す、肩の痛みをとる。治療家の仕事はこう考えがちだが、症状が改善した先に何を求めているのかを常に考えなくてはいけない。患者様がそこに到達するお手伝いをすることが我々の役目である。そこで求められるのは『鍼灸師』ではなく『あなた自身』だ。

あなたの得意分野が『痛みを取ること』であり『鍼灸』が専門分野なだけだ。患者様の求めていることに対して『あなた』がどう関わっていくかが問われる時代になっている。

 

訪問鍼灸師という生き方

訪問鍼灸は、開業しやすい、(保険を使えば)患者様の負担が少ない、利用頻度が高い、継続率が高い、などのメリットがあるが、それ以上に、あなた個人に対して『治療』を当てはめることができるというメリットがある。

 

『鍼灸師』×『自分』

この式で出てくる答えはどんなものであろうか。おそらく、従来よりも大きな可能性を感じる回答が出てくるのではないだろうか?鍼灸師として、あなた個人として、その可能性を追ってみるのは無駄なことだろうか?私はそうは思わない。鍼灸師としての成長と、あなた個人の成長が常に掛け算されることを考えると、ワクワクしてこないだろうか?

 

訪問鍼灸という選択肢

『鍼灸師』にも選択肢がある中で『訪問鍼灸』は、『鍼灸師』と『あなた』の両方を成長させることにおいて、非常に有効な選択肢であると私は考えている。だからこそ、訪問鍼灸をより多くの鍼灸師に経験して欲しい。そして日々成長して生みだされる、それぞれの『鍼灸師』×『あなた』の回答を楽しみにしている。

 

どうしたら良いのか

いまの職場環境に悩んでいたり、この先『鍼灸師』としてどう歩んで良いかわからない時は、すぐに相談して欲しい。鍼灸師としての選択肢は『訪問鍼灸』だけではない。大事にして欲しいのは『あなた個人』が成長できているかどうかだ。鍼灸師として、個人として、成長できる環境を求めることが大事になってくる。

 

光が見えていたら

この先に様々な可能性がみえたなら、是非そのお手伝いをさせて欲しい。可能性を実現させるためには、一人で進むより、繋がりを持って、そして連携していくことが重要だと思っている。『個人』『個人』といっても、俺が俺が・・・ではなく、独立した個人が手を取り合うことで(『鍼灸師』×『あなた』)×(『鍼灸師』×『あなた』)というさらなる可能性が生まれる。是非、お声をかけて欲しい。

 

次世代の鍼灸師へ

気持ちが決まったあなたから前に進もう。そして一緒に可能性を追求しよう。

 

訪問はりきゅう上達ラボ
岡野浩人

 

▼訪問鍼灸に興味がある先生はこちら

 

▼これから開業したい先生はこちら

 

▼既に開業されている先生はこちら

 

▼ホーム

お気軽にお問い合わせください。0120-948-731受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にご相談ください。